2006年07月09日

TOEIC TESTリーディングスピードマスター

TOEIC TESTリーディングスピードマスター
成重 寿

TOEIC TESTリーディングスピードマスター

定価: ¥ 1,470

TOEIC受験経験の少ない方へお勧めの本
Part??は時間があればそんなに難しくないはずなのですが、
Part??、??あわせて100問を75分で解かないといけないのは
要領よく時間配分をしないと終わらない。
こ問題集はその辺のHow toを教えてくれます。
解説も一問ずつ丁寧に書かれている。
ただ、高得点所持者には物足りないかも…。
昨年の夏ぐらいから、Part??に複雑で長文をサブジェクトに
使っているような感のあるTOEIC TEST。それを早く確実に解けるようになるには、もう少し難しい設問があった方がいいですね。

良書
パート??に関してはこれ一冊でいいでしょう。
必要なスキルはほぼ網羅されています。
おまけにやり易い。これだけよくまとめられてる参考書も珍しいと思います。
今まで時間が足りなかった人も劇的に解くスピードがあがるはずです。
確かに実際のTOEICでは長文化の傾向があり、語彙を含め難易度は上がってきてるようですが、基本的に解法のアプローチは一緒です。
そういう意味でこの一冊で十分です。
あとはたくさん問題を解いて、語彙力や速読力を地道にあげていくだけです。
そうすれば、きっとパート??が一番の得点源に変わるはずです。
常に9割以上の正答率をキープできるようになるでしょう。

リーディングを楽しく勉強できます
問題のレベルはあまり高くありませんが、解き方を丁寧に解説してくれている作者の真摯な姿勢が感じられる良書です。
私がこれを使っていたのは2004年1月ごろでしたが、それまでまさに自己流で解いていた問題に解き方があることをこの本を通じて知りました。問題のレベルが易しいことがパート7への苦手意識を振り払ういい刺激ともなったようです。すでに高得点を取っている人にはまったく不要となる内容かもしれませんが、パート7は唯一答えが問題に載っているセクションであることをはっきりと教えてくれるはずです。
冊子の厚さ、フォントの大きさもやる気になる適切なものであり、答え合わせが楽しくなるような問題集です。私個人のまったくの勘ですが、リーディングで300点代前半から後半へ、あるいは400点台に引き上げたいと思っている人は一度目を通されるといいでしょう。
私が最後に受験したのは2005年6月のTOEICですが、パート7はかなり文章量が多くなっていく傾向を感じました。この問題集にあるようなレベルの問題はかなり少なくなりつつあるようです。たとえそうであっても、リーディングに自信がない方にはぜひともお勧めしたい学習書です。
posted by TOEIC at 11:00| TOEICテスト対策テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

CD BOOK TOEICテストへはじめて挑戦!まずは350点―英語難民救済センターの本

CD BOOK TOEICテストへはじめて挑戦!まずは350点―英語難民救済センターの本
千田 潤一

CD BOOK TOEICテストへはじめて挑戦!まずは350点―英語難民救済センターの本

定価: ¥ 1,575

とても実践的です
 先日、仕事で英語を使う機会がありました。300もあるこの本の表現をよく耳にしましたし、また自分が使った表現も数多くありました。また、先日受験したTOEICもスコアがアップしていました。この本、「まずは350点」とありますが、本当に実践的で”使える”本だとつくづく実感しました。数多くあるTOEIC本から、この1冊を購入して本当によかったと思っています。

焦らず、トレーニング
自分がバカにしているレベルのものがいかに大切で、また
いかに実用性のあるものなのか、
それを本書で学んでください。
正しいトレーニングを積めば、英語は誰でも出来るようになるのです

本当に初めの一歩です
私は高校しか卒業しておらず、それも普通科にいけるほどではありませんでした。初めて受けたTOEICは220点(L:150,R:80)でした。ここからこの本を購入し、勉強しました。
#中、高時代ともに英語は大嫌いでテストでは捨ててました
結果としては、3ヵ月後に受けたTOEICで350点(L:250,R:100)でした。(^-^)
しかし、私が勉強したのはこの本だけではありません。この本だけでは350点を取れるとは思わないで下さい。この本にも書いてありますが、多くの英語に触れる必要があります。私が2回目のTOEICを受けるまでに行ったことは、
1.この本をその通りに実施する(これをメインに、他はサブで)
2.NHKのTV英語番組をテキストを買って見る
3.中学生用の英語の文法本を買って一通り見る
4.別のTOEIC攻略本を買って一通り読む(セクション別の攻略法が書かれているものです)
です。
この本で基本的な文法は覚えますが、なぜcomeにsがついてcomesになるのかなどはわかりません。そのため、わからないことについて調べるために中学生レベルの文法の本が必要になります(私にとってはこれはかなり重要でした)。
この本の内容としては、簡単な文の日本語→英語、英語→日本語変換の練習と結構長い文の内容推測などです。基本的には紙に書く、口に出す、聞くことをします。頭で覚えるというよりは、紙に書くので自然に覚えられます。ただし、紙に書くため結構労力(やる気?)を必要とします。
TOEICで350点未満の方でしたらやってみる価値はあります。が、この本だけでは350点は無理だと思ったので、星は4つにしておきます。
posted by TOEIC at 21:00| TOEICテスト対策テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつでもどこでも 英語・一日中おしゃべりカード CD付 -こま切れ時間でTOEICテスト600点を超える!-

いつでもどこでも 英語・一日中おしゃべりカード CD付 -こま切れ時間でTOEICテスト600点を超える!-
太田 信雄

いつでもどこでも  英語・一日中おしゃべりカード CD付 -こま切れ時間でTOEICテスト600点を超える!-

定価: ¥ 2,310

CDについて
買ったばかりなので、この本に書かれていることの効果についてはわかりません。
ですが、本についているCDに多少の不満があります。
というのも、CDに入っているLESSONの前奏曲がやたらと長く約19秒も入っています。
LESSONごとに毎回この前奏曲が入っているのでガンガン聴きたい私にはどうしても気になってしまう部分なのです。
わがままかもしれませんが、個人的にはこの点を改善してくれたらなと思いました。
しかしゆっくり落ち着いて聴きたい人にはむしろプラスになるかもしれませんので、難しいところではあります。

感情移入しやすい物語形式の英文テキスト
この本が教材として採用している中学校英語教科書の『COLUMBUS』は、1年から3年までが、基本的に一つの物語になっているので、登場人物やそれぞれのエピソードに感情移入しやすく、内容を覚えやすいと思います。ミステリー小説のような吸引力はありませんが、場面ごとにストーリーが切れてしまうものよりは、筋を覚えやすく暗誦に適していると思います。
私も、この本の方法論に従って、今度こそ中学英語の完全暗誦を成し遂げたいと思います(人前でカードを取り出す勇気はまだありませんが…)。

必ず頭に残ります
他の教材と比べて圧倒的に頭に残り、より実践的です。ただの英語教材ではなく、学習法についても深く触れています。
まだ取り組み始めたばかりですが、その方法通りにやれば英語力アップは間違いないと思います。
テキストのカードを持って出かければ、いつでも学習できるようにもなっていて大変便利。安い教材をたくさん購入するより、これが一冊あれば十分です。
posted by TOEIC at 11:00| TOEICテスト対策テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

TOEFL TEST対策明解リーディング

TOEFL TEST対策明解リーディング
宮前 一広

TOEFL TEST対策明解リーディング

定価: ¥ 1,890

本番試験とほぼ同じ、やや上レベル。問題数も豊富
 
 私がこの本に出会ったときは、まだ24ポイントしかリーディングで点数が取れなかった時でした。
 文章の内容は分かっているし、大学時代、単語も8000語近く覚えたと思うのに、何故?と思っていましたが、この本の解説を読んで力がついたと思います。PBTを最後に受験した5年後、TOEFLCBT特有の形式に慣れておらず、そして、文章挿入問題、同義語を文章中から探す問題など、新傾向を知らないまま、ぶっつけ本番で受験し、24点と玉砕したあとに本屋で購入した物です。
 この本は、各出題傾向に関して、どのような意図で問題が作成されたのか、回答を見つけるのはどうしたらいいのかに直接言及し、文法セクションなどとは違い、解説をつけるのには、むずかしいリーディングセクションに関する本にも関わらず、懇切丁寧な解説が掲載されていましたので非常に役に立ったと思います。
 この本に出会って、私はリーディングで27ポイントを獲得しました。
 但し、問題の内容はそう、簡単なものでもないので、初心者の方は、本の前半に書いてある解説を例題と共に熟読するだけでもいいかと思います。リーディングは単語力と文法力です。単語を覚え、文法の点数があがっていくうちに、次第に「あれ?リーディング問題がこんなに読めてる、、、」と気がつく事と思います。文章が読めるようになったら、この本で出題傾向を研究しましょう。

問題の分量は満足できる
第4章の分野別演習では、地質学、心理学、アメリカ史、アメリカ地誌、化学、環境学、生物学という7分野から各3パッセージずつの問題が用意されており分量は満足できる。
難易度は実際のTOEFLの本試験と比べると、易しいのもあれば難しいのもあったりといろいろ。ただ、本試験にはあまり出てこないだろうなあというような哲学に触れた専門的な文章もある。それでも英語の力試しには良いと思う。どの文章もTOEFLの学習に必須と思われる単語をたくさん含んでいるのでやりがいはあると思う。
CBTの問題パターンを一通り把握できるので、初めて試験を受ける方にもいいのでは。

CDと合わせて英語力アップに
この本はやりごたえがあります。
文章の内容は比較的高度で、CBTのTOEFLのレベルからすれば高めかもしれません。ただ、比較的頻出の分野について基本的知識も身に付くので、役に立ちます。何より英語力アップにはかなり貢献する教材でしょう。CDも合わせて使うと、良いです。ただしかなりきついですが、、
posted by TOEIC at 20:00| TOEICテスト対策テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOEIC TEST英文法問題集集中攻略―ひと目でわかる頻出パターン730点をめざす!

TOEIC TEST英文法問題集集中攻略―ひと目でわかる頻出パターン730点をめざす!
安河内 哲也

TOEIC TEST英文法問題集集中攻略―ひと目でわかる頻出パターン730点をめざす!

定価: ¥ 1,260

手早く終わる
字が大きくて見やすい。
手早く終わるので文法を一通り学習した600点代の人の
実践問題集として適していると思う。解説もわかり易い。
でも裏を返せば価格の割りに
2ページで4問とはちょっと物足りない。
後、P.32 take over the presidentはtake over the
operationsが、正しいと思う。ネイティブチェックが
無い本かも、というところで1点減点。

かゆいところに手が届く本
回答を別冊や後ろで見るのは面倒くさい。この本は隣に回答と短いながらもポイントを絞った解説があるので、とても使いやすい。紛らわしい形容詞・副詞の頻出ポイントはうれしかった。こういうところが同じ本で確認できるのは助かる!

まとまっています
もうポイントをしぼって学習する段階の点数にいる人には、よくまとまっていて使いやすい問題集です。頻出ポイントは、当日にも役に立ちました。見開きで解説があるので使いやすく、その解説も短い中にポイントを押さえてあると思います。
posted by TOEIC at 12:00| TOEICテスト対策テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

TOEIC最強の学習法

TOEIC最強の学習法
池田 和弘

TOEIC最強の学習法

定価: ¥ 1,427

読む度にモチベーションを高めてくれる一冊
英語を学習しようとするものはまず問題集等を手に取ることが多いと思われるが、闇雲に努力するだけでは成果はなかなか得られない。まず目標に対する戦略が必要になる。その上で実際にその目標まで到達した人(しかもかなり苦労をして)の体験談は非常に有用である。著者は本書のなかで自分の英語学習の試行錯誤の歴史と到達した高みについて記しているが、そこからの学習者へのアドバイスは彼の体験が凝縮されており一見地味な方法だが無駄のないものになっている。しかも著者という具体的な目標を与えてくれるため、本書を読む度に学習者は迷いを解消できると同時に、学習へのモチベーションを高めてもらえるのではないだろうか。

「よし、やるぞ」をくれる本
 1995年の初版ながら、今でもまだ刷りを改めて流通しています。浮き沈み激しい英語教材業界の中、この事実だけでも本書の実力がわかります。本書は、「睡眠削って勉強して人生を変えよう」式の精神論や、細々とした解答技術を羅列した「裏技本」ではありません。具体的、効率的しかも実用的な学習法を説明してくれる「教材使用法」の本です。だからこそ、抜本的に勉強法改革をすすめてゆく参考になり、しかもいつまでも古くなりません。そして何より、若いながらも英語教授法開発に人生をかけてきた著者の情熱と、大阪育ち(でも京大)のユーモラスな語り口があいまって、「よし、やるぞ」という気分を盛り上げてくれるのが、最大のセールスポイントです。みなさんもぜひ、この「池田本(と私は呼んでいる)で気合いを入れてがんばってください。

努力の方向性を指南してくれる
人間努力をすれば何とかなるというのは幻想である。と私は思います。努力の方向性が間違っていれば、時間をかけただけ無駄と言うこともしばしばあります。この本は、英語を見に付けたいと思ったとき、最初に読んでおけば、思いっきり努力できる本であると思います。
posted by TOEIC at 19:00| TOEICテスト対策テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身によくつくTOEIC TEST完全攻略600点 文法・語法

身によくつくTOEIC TEST完全攻略600点 文法・語法
川村 一代

身によくつくTOEIC TEST完全攻略600点 文法・語法

定価: ¥ 1,890

正解へ至るプロセスが役に立つ
単なる本ではない。正解へ至るプロセスを学習者に考えさせるアプローチが素晴らしい。それが理解できた上で、レビュー問題、模擬試験をすることができ、とても使い易かった。問題量も豊富だし、実際の問題と非常によく似ており、信頼できる本だと思う。一般的にノヴァといえば、軽い感じがしていたが、この本はかなりの本格派だと思った。

とても画期的な本でした
文法に弱い私でしたが、この本で自信がついた感じがします。文法のまとめが分かりやすく、問題を解くコツが分かった感じがします。初級から600点を狙う人にぴったりの本ですね。

問題解法のコツがつかめる本
これまでのTOEIC文法書は、大抵Part VとPartVIの問題を載せ、簡単な解説が付いているものだったように思います。しかし、この本は解答に至るまでの思考パターンをとても丁寧に示しています。どうやって文法問題を解けばよいのかいろんなコツがつかめる点は、他の本にないところですね。問題数も、レベルも本物のTOEICにそっくりで、安心して使える良書です。索引もしっかりしていて、読者のあらゆる利便性を考えた点は、さすがに駅前留学・お茶の間留学のノヴァらしくて、お客様への行き届いたサービス精神が伺えます。次は、姉妹書の『身によくつくTOEIC TEST 完全攻略 730点文法・語法』にチャレンジしたいと思います。
posted by TOEIC at 10:00| TOEICテスト対策テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

TOEICテスト730点突破のための英単語と英熟語―出題頻度順 英単語847と英熟語602

TOEICテスト730点突破のための英単語と英熟語―出題頻度順 英単語847と英熟語602

宮野 智靖

TOEICテスト730点突破のための英単語と英熟語―出題頻度順 英単語847と英熟語602

定価: ¥ 2,100

販売価格: ¥ 2,100

発売日: 2003-06

発売元: こう書房

発送可能時期: 通常24時間以内に発送






全て必要ではないけれど
730点を取るのに必要な単語やイディオムが重要度別に網羅されています。(A,B,Cランク)個人的にはAランク、Bランクを網羅すれば十分かなと思いました。結構難しい単語も含まれているので完ぺき主義に陥るとつらいです。
数ある単語集の中でもよくまとまっている本ですが2点ほど不満があります。まずCDですが例文を読んでくれません。ひたすら単語のみ。それと例文の英文と訳文のレイアウト。単語部分と同じくページ左右に分けてくれれば覚える時に楽ですのに。。

覚えやすい本です
単語と熟語がこのように並べられて、しかも例文がついているととても覚えやすいです。辞書の例文よりも親しみの持てる例文になっているし、短文というのが決めてです。実際のTOEICに出る単語熟語がほとんど載っているようだし、今必死になって覚えているところ。CDを聞きながら、自分でリピートしながら覚えています。

内容はいいのだが・・・
当たり前の話ですが、この本に掲載されている単語は実際の試験に「出ます」。
僕は先日の試験で、ランクAの単語(287語)を覚えて望んだのですが、
僕が覚えている限りでは2問、この本のおかげで解くことが出来ました。
正確には、287語のうち114語は既知だっだので、174語で2問です。
この「2問」という数字、あなたならどんな判断をするでしょうか?
僕は凄いと思います。単語をどんどん覚えて語彙力をつければ、解ける問題が増える=自ずとスコアが上がっていくという事ですから。
それに、「730点を目指す受験者なら誰でも知っている単語は省く」という点にも好感が持てます。
要は、他の単語帳との単語の重複が最小限に抑えてあると言うことです。
ただし、この本は英文を通じて覚えるという形式ではないので、「単語→意味、単語→意味・・・」という従来の単純作業に耐えられる方にしか向かないと思います。
巷によくある赤シートを使って単語の意味が消えるものでもありませんし(黒の一色刷り)、
CDも「英単語→意味、英単語→意味・・・」の繰り返しですから。
この点で、★を一つ減らします。
ただ常時600点以上の方は、後は語彙力勝負ですから、
「単語を覚えるのは辛くて地道な作業だ」と割り切って覚えましょう。
posted by TOEIC at 19:00| TOEICテスト対策テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語できない君がたった90日でTOEIC750以上の上級者に!!驚愕の英語学習バリバリ☆加速術【配達版】

英語とドイツ語を操る著者が、長年にわたる学習の末に得た、
【語学学習を加速させるためのノウハウ】を余すところなく公開。
そして、18ヶ国語を操ったという、かの偉人の究極の学習方法も分かる!
さらには、脳科学的アプローチによる効果的な学習及び記憶方法についても伝授。
英語初心者から上級者まで、学習における有効なヒントが得られる驚愕のノウハウ!!
このノウハウを実践したあなたは、爆発的に英語力が向上することでしょう。

(「毎日1分!英字新聞」の石田健さんと)


英語できない君がたった90日でTOEIC750以上の上級者に!!驚愕の英語学習バリバリ☆加速術【配達版】

英語できない君がたった90日でTOEIC750以上の上級者に!!驚愕の英語学習バリバリ☆加速術【配達版】

価格: 9,800円
posted by TOEIC at 12:01| TOEIC対策おすすめ教材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOEIC公式ガイド&問題集―日本語版

TOEIC公式ガイド&問題集―日本語版
国際ビジネスコミュニケーション協会TOEIC運営委員会

TOEIC公式ガイド&問題集―日本語版

定価: ¥ 2,940

TOEICリニューアル前のラストスパート(特にリスニング)に!!
※私は英語版しか使用したことがありませんが、日本語版2冊≒英語版1冊ということなので、日本語版のレビューもさせていただきます
本書の英語版を除くと、現行TOEICのちゃんとした解説が付いた唯一の過去問集シリーズだと思います。テスト開催者のみが過去問集を出版しているというのは、不公平な気もしますが...効果から言えば星5つなのですが、解説の内容は平均的と感じたのと値段が高めなので、星を一つ減らしました。
私の場合、910点前後を獲得した時点で本書(英語版)を使用し、付属のCDを繰り返し聞くことにより、初のリスニング満点を獲ることが出来ました(スピードを上げて聞いた効果があったのかもしれません)。TOEIC受験前にこの教材に付属の音源を繰り返し聞いているおかげか、最初にリスニング満点を取ってから安定してリスニング満点を獲得出来ています。ほかのかたも指摘されていましたが、リスニングを読み上げる声が本番と非常に似ている(多分同じ人が朗読)ことが大きいと思います。
また、問題のレベルがが本試験のものに近いので、リーディングセクションの時間配分の確認にも有効だったと思います。
貴重な過去問集だと思っていたので、知人には「800点或いはもっと高得点を取ってから、終盤のステップアップに使え」と薦めていたのですが、2006年 5月からTOEICがリニューアルされる(IPテストのリニューアルは2007年)ということが発表されましたので、使われたことが無いかたは、レベルに関わり無くこの教材を使って残り少ない現行TOEICでのラストスパートを狙われてはいかがかと思います。
日本語版2冊の内容が英語版1冊(Toeic: Official Test-Preparation Guide)に収録されているようですが、英語版の解説は英語ですので、英語の解説を読む自信の無いかたにはこの日本語版をお勧めします。

やるとやらないでは大違い。
 現在のTOEICは本書より難化していると言われており、それは事実だと私も思いますが、本書レベルの問題もあいかわらずかなり出題されているなあというのが率直な感想です。
 いや、それどころか、語彙・内容・出題ポイントが酷似した問題が今なお出続けているのです。実際にTOEICを受けて、その日のうちに本書を読み返せばそのことは歴然とわかります。
 このような本をやらずにTOEICを受けるというのは、溺れかかっているところに浮き輪を投げてもらいながら、わざわざそれを投げ返して自ら溺れていくようなものでしょう。
 特に、本番同様の音声でリスニング演習することの効果は絶大です。私の場合、本書をやらずに受けた初受験ではリスニングでひどくやられ、「900越えをするには留学でもするしかないか・・・」などと間抜けなことを考えたものです。しかし本書とVOL2のCDを一ヶ月ほど車の中で聞き続けた結果、模試の素点は9割台で安定するようになり、本番ではリスニング満点をあっさり達成できました。
 TOEICリスニング対策としては、本書や模試本で演習を積むことが、洋画やVOA、AFNを聞くよりもはるかに効率がよいと思います。

予算次第
主に、リスニング力の向上を目的として購入した。
使える時間、お金に制約のある一方で、あまたある英語素材の質を吟味することができない身にとって、最も批評に晒される立場にあるTOEICで使用されているという事実は、非常にありがたく、隙あらばどこまでも進もうとするモチベーションの低下を防いでくれる。
 リスニング力を高めるためには、私の場合には、ひたすら繰り返して聞くことが適していると思っており、具体的には、CD教材の場合は辞書をひきつつmedia playerで一文ずつ繰り返し聞き、完全にマスターした後にMDで聞き流し続けている。ところが、2枚目に収められた1セット分の素材では、CDトラックがパートごとに4分割しかされていないため、文頭にうまく引き返すことができない。これで余計にかかる時間は些細なのであるが、繰り返していると、結構、イライラしてくる(リピーターつきのメディアに落とせるならば、この点は無視できよう)。この他にマイナスな点としては、聞き取れてしまうとテストされていることが大人向きではなく、多少の空しさを感じつつ、なおも繰り返し聞く意思を保たねばならない、ということ。この点は、聞き取れたことの成果としてしまえば、あまり気にはならないかもしれない。
 以上が内容上の+と??であるが、上記の目的に使える素材はかなり少ない。パート2,3,4の問題文だけだろう。予算次第と思われるが、私としては、モチベーションを落とさずに相当に聞き込むことが初めてできたことを評価したい。もちろん、絶対量が少ないので、多くの聞き取り障害を克服するためには新たな教材に移る必要がある。
本試験がパート別の成績がわからないので、試験対策をしなければならない人にとっては、絶妙な価格設定だ。
posted by TOEIC at 00:11| TOEICテスト対策テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。